「感覚の実験室」と銘打った展覧会の準備を進める樽澤さん(左)と須藤さん

 チョコレートで、アート作品を文字通り「味わう」体験型の展覧会が27日、青森県弘前市百石町の弘前オランド・ギャラリースペースで始まる。誰もが楽しめる鑑賞方法として味覚に着目。来場者はチョコレートを食べながら、彫刻や音楽、イラストなどさまざまな形の作品を鑑賞する。主催者は「チョコレートによって作品鑑賞の幅が広がる。アートになじみのない人たちにも接点を提供したい」と話す。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。