津軽の名物料理満載の弁当を楽しみながらストーブ列車の旅を楽しんだ「居酒屋列車」=22日、津軽鉄道
生姜みそおでんやイガメンチ、豚肉の源たれ焼きなど津軽の味をふんだんに盛り込んだ「奥津軽ほっこり弁当」

 青森県五所川原市と中泊町を結ぶ津軽鉄道で22日夜、イベント列車「居酒屋列車」が運行された。市民ら35人のモニター客が、津軽の味を満載した特製弁当やストーブ列車名物のするめと日本酒を堪能した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から