青森駅東口の駅舎跡地に整備される複合施設の完成予想図(JR東日本提供)

 JR東日本などは25日、3月の青森駅新駅舎開業に伴い、2021年度に解体する同駅東口の現駅舎跡地に複合施設を建てると正式に発表した。建物は10階建てで1~3階に商業施設を、4~10階には健康増進の機能を備えたホテルを整備。ホテル部分は青森市の「城ケ倉観光」と一般社団法人「慈恵会」が運営する。建物は21年度末に着工、24年度に完成の予定だが、開業時期は未定。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。