ジョイ・ワールド・パシフィックが開発した「IoT室内換気ソリューション」

 精密機器製造などを行っている青森県平川市の「ジョイ・ワールド・パシフィック」(木村清勝社長)は1月、室内の二酸化炭素濃度や温度、湿度を計測し、スマートフォンやタブレット、パソコンで表示するIoT(モノのインターネット)サービス「IoT室内換気ソリューション」を開発した。室内の換気状態などを数値化、可視化することで新型コロナウイルスの感染リスク軽減に役立てることができる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から