雪原と氷を模したショーケースの中で輝くオーロラがモチーフの「AUROA」シリーズ
工房でリング製作に取り組む相馬さん

 青森県弘前市の宝飾品店「Antille(アンティール)」代表取締役の相馬一仁さん(41)に、6月3日からイタリアで開かれる「ミラノ・ジュエリー・ウイーク」への出品招待が届いた。18金の指輪に複数の金属を配合し、独自の手法で色調の変化を実現した結婚指輪「AUROA(アウロア)」が関係者の目に留まったもので「いずれ海外の方にも自分の作品に触れてもらいたい」と話す。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から