奥入瀬渓流の自然保護と観光資源としての魅力向上を図り、エリア内を通る国道102号に将来、通年で交通規制をかけるため、国、青森県、十和田市は24日、「交通システム整備方針」をまとめた。(1)惣辺交差点から子ノ口まで通行止め(2)代替交通機関を整備(3)渓流エリアへの入場有料化-などが柱。実施のタイミングは、国道102号の迂回(うかい)路として国が建設中の国道103号青ぶな山バイパス開通時を予定している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から