南部菱刺しの着物や前垂れ、たっつけなどが並ぶ企画展

 青森市沖館の「あおもり北のまほろば歴史館」は、企画展「青森の刺しこ着展~菱(ひし)刺しの世界~」を開いている。同市教委が所蔵する南部菱刺しの着物や前垂れ(前掛け)など43点は、明治から大正期にかけ仕事着などに使われた古作ばかり。精密な幾何学模様と多彩な色合いは、来館者の目を引いている。3月28日まで。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。