ワクチン接種を受けた後、体調に異変がないか経過をみるために待機する職員たち=22日、八戸市の青森労災病院

 22日に青森労災病院(青森県八戸市)で始まった新型コロナウイルスワクチンの医療従事者への先行接種。県内初の取り組みに関わった病院職員たちは、事前の準備や打ち合わせ、シミュレーションを重ね、細心の注意を払って接種を実施した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から