大鰐産のリンゴと赤ビーツで作った「ブラッディアポー」をPRする関係者

 青森県大鰐町の「大鰐温泉もやし増産推進委員会」(八木橋孝男委員長)は、同町産のリンゴと赤ビーツを使った健康飲料「ブラッディアポー」を開発した。24日から同町地域交流センター「鰐come」の売店で発売する。大鰐産食材の良さをPRし、町の活性化につなげる狙い。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から