2021年度の県政運営の基本方針などを説明する三村知事=22日午前

 総額7186億円の2021年度一般会計当初予算案などを審議する定例県議会が22日、開会した。本会議では会期を3月22日までの29日間と決め、議案52件、報告9件を一括上程した。三村申吾知事は提案理由説明で、県基本計画に掲げる施策に新型コロナウイルス対策を反映して展開するとし、「新型コロナを乗り越えた先に強靱(きょうじん)な社会経済と、活力に満ちた青森県民の暮らしを実現させるべく全力で取り組む」と決意を述べた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から