ブローさんの肖像を手にする長谷川学長(中)と横山さん(左)、図書館長の成田恵子教授

 1963年に学校法人明の星学園が開学した青森明の星短期大学(青森市)の第2代学長を務めるなど、同短大の草創期に大きく貢献したエブリン・ブローさんが1月、故国米国で95歳で亡くなった。ブローさんを知る関係者らから悼む声が聞かれる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から