青森県教育委員会が22日発表した2021年度県立高校入試の出願状況で、全日制課程の出願倍率は前年度を0.02ポイント下回り1.00倍となり、現行入試制度になった15年度以降で最低だった。出願者数は7285人で、入試での募集人員7319人を下回った。43校94学科中、出願者数が募集人員を下回り1倍を割ったのは33校52学科で、半数超に上った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。