自らの実践をもとに自伐型林業の特徴を紹介する橋本さん=20日、階上町石鉢ふれあい交流館

 「森と共に生きる生業づくり」を掲げ、東北3県林業塾事業が2月から、階上町で始まった。参加者たちは今年秋までの期間で、採算性と環境保全を両立させる持続可能な「自伐型(じばつがた)林業」を学び、就業などにつなげていく。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から