間伐材を使って竪穴住居造りを進める〓出さん※〓は「萌」の「明」が「朋」

 青森県東北町の農業〓出定美さん(66)が、今月から町内にある自分の土地で竪穴式住居造りに挑んでいる。「縄文人の暮らしを追体験してみたい」と長年温めてきた企画で、今春の完成が目標。間伐材の有効利用も兼ねて、いにしえの家造りを楽しんでいる。
※〓は「萌」の「明」が「朋」

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から