東奥日報取材に対し、職場でコロナに絡む誹謗中傷をされた経験を語る女性=2月上旬

 新型コロナウイルス感染症に関連した職場でのいじめや誹謗(ひぼう)中傷、嫌がらせに悩むケースが青森県内で発生している。「コロナハラスメント」ともいえる周囲の冷たい視線や対応に耐えきれず、退職まで追い込まれるケースも出ている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。