宮城との1回戦に臨む青森県大将の小泉五段(左)

 第62回東北六県将棋大会(東奥日報社など東北の代表紙5社主催)が30日、審判長に日本将棋連盟の木村一基九段を審判長に迎え、山形市の山形メディアタワーで開幕した。初日は1、2回戦を行い、10年ぶりの優勝を狙う青森県チームは2連勝と好スタート。福島とともに首位に立った。最終日の7月1日は3~5回戦を行う。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)