国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の審査を巡り、ユネスコの諮問機関・国際記念物遺跡会議(イコモス)が、中間報告で、推薦取り下げや構成資産の変更といった大きな指摘をしていないことが、文化庁への取材で分かった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から