実証実験で、5Gシステムで送られてきた映像を見ながら患者の状態を確認し指示を出す医師たち=八戸市民病院

 青森県は17日、第5世代(5G)移動通信システムを活用して新たなビジネス創出を目指す事業の実証実験を八戸市の八戸市民病院で行った。災害現場に見立てた場所にいる患者の映像を5Gで病院内にいる医師に送信し、実用化への可能性を探った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。