動画内で棟方志功になりきって浅虫を紹介する高谷部会長

 青森市の文化芸術創造活動の推進を図る市民団体「あおもりアーツカウンシル」の「A-Paradise部会」が、同市の浅虫地区を舞台にした映像作品「A-Paradise2020 浅虫海岸物語~今、ボクらが街にできること~」を制作した。ショートドラマや観光スポット紹介、アートドキュメント、音楽を通して90分間、浅虫の魅力を伝えている。インターネット上でも公開されており、高谷憲部会長は「コロナ禍で遠出できない今こそ、映像を見て、自分の住んでいるまちにもっと興味を抱き、好きになってもらえれば」と語る。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。