青森県は14、15日、弘前保健所管内で新たに計5人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。大規模クラスター(感染者集団)が発生した「黒石あけぼの病院」(黒石市)の職員3人と関連する10代2人で、クラスターは関連を含め計57人となった。県内の感染確認の累計は806人。

 14日には新たに感染者1人の死亡も明らかにされ、県内の死者は計17人となった。県によると、14日に亡くなったのは、入院中だった弘前保健所管内の80代以上女性。コロナは軽症もしくは無症状で、直接の死因は老衰という。クラスター関連かどうかは明らかにしていない。

 14日に発表された新規感染者は、10代1人と30~60代男女3人。15日発表は10代1人。病院職員は30~60代男女3人で13日に陽性が判明した。10代の2人もクラスター関連の濃厚接触者として陽性が分かった。5人はいずれも軽症、無症状。

 あけぼの病院に関係する検査は15日までに約490人が終了し、現在は陽性者の家族や知人ら約30人を検査している。検査が終わった約490人の中には、外来患者20~30人も含まれており、全員陰性だった。

 県健康福祉部の奈須下淳次長は「特定の病棟フロアで一気に多数の感染者が確認されたが、今のところ別の病棟などには拡大していない。感染管理対策を徹底し、新たに発症する人がいないか注視している段階」と話した。

 一方、入院中の重症者は14日時点でゼロだったが、15日は軽症だった80代以上男性の容体が悪化し、重症者1人となった。男性は人工呼吸器を使用している。

 酸素投与が必要な中等症患者も14日の4人から15日は14人に急増した。県は病院クラスターの発生により、重症化リスクの高い高齢の感染者が増えた影響としている。