青森県と秋田県、北海道にホームセンターを展開するDCMサンワ(本社青森市、旧サンワドー)の創業者で長年社長を務めた中村勝弘(なかむら・かつひろ)氏が9日午後11時37分、病気のため青森市内の病院で死去した。75歳。黒石市出身。葬儀は近親者のみで行った。喪主は長男で現社長の泰(たい)氏。後日、お別れの会を開く予定。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。