津軽の弁当「津軽弁」のロゴ

 4月から始まるJR東日本の「東北デスティネーションキャンペーン(東北DC)」を前に、青森県弘前市や同市の経済団体等で構成する弘前駅自由通路等にぎわい創出事業実行委(事務局・弘前観光コンベンション協会)は、地域色豊かな弁当「津軽弁」と、弁当にちょい足しできるスイーツ、菓子、つまみなど「わんつがる~ONE TSUGARU~」の商品募集を始めた。観光や地場食材活用による地域振興が目的で、応募締め切りは3月1日。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。