インターネット配信されている「世界遺産登録推進フォーラム」の画面

 世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の最新情報を伝える映像のインターネット配信が10日から始まった。青森県など4道県各地にある遺跡の魅力や見どころなどを紹介している。3月には「世界遺産登録と活用の最新情報」と題し、筑波大の稲葉信子名誉教授と、文化庁の鈴木地平文化財調査官の対談を配信する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。