震災直後の被災地と、復興が進んだ現在の様子を伝えている展示会場

 東日本大震災からまもなく10年の節目を迎えるのを前に9日、震災の記憶と復興の歩みを伝える写真展示会が青森市本町の青森まちかど歴史の庵(いおり)「奏海(かなみ)」で始まった。震災直後と、現在の街との様子の違いが分かる写真などが展示されている。3月27日まで。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から