青森県黒石市の国保黒石病院は9日、同病院で開いた運営委員会で、人工知能(AI)を使った問診システムを導入すると明らかにした。同病院は、問診を効率化して患者の病院への滞在時間を減らすことで、新型コロナウイルスの感染リスク軽減につながると期待しており、4月からの本格運用を目指している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。