上十三地域の野菜生産現場での情報通信技術(ICT)を活用したスマート農業の普及を図ろうと、青森県上北地域県民局は9日、農業機械4種類について導入判断の参考となる「考え方」をまとめ、発表した。農機購入や運用にかかるコストと、省力化や資材費カットで得られるメリットを、経営規模に応じて試算。規模拡大により所得向上は可能だとしている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から