青森県は9日、新たに6人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。このうち1人は弘前保健所管内の50代女性で、管内の病院の医療従事者。病棟勤務で入院患者のケアに当たっていた。現在、接触があったとみられる入院患者と職員50~60人の検査を急いでいるが、中には発熱などの症状や体調不良を訴えている患者らも数人いるという。検査結果は10日以降判明し、クラスター(感染者集団)となる可能性がある。病院は9日から全ての外来を休止している。

 県内の感染確認の累計は750人。新規感染者6人は居住地別に弘前管内、三戸地方管内が各2人、八戸市、青森市が各1人で、いずれも軽症。このうち弘前管内の病院職員の女性と八戸市の70代男性の2人は、感染経路が分かっていない。ほか4人はいずれも既に感染が確認されている患者の同居人や職場関係者。

 弘前管内の病院職員の女性は7日から発熱やせきなどの症状があり、9日に陽性と判明した。病院はコロナ患者の受け入れ病院ではなく、女性は県外移動歴もなかった。直近の勤務日は5日で、院内で感染した可能性もあるため、検査対象者は今後増える見込み。

 県は検査結果や接触者の調査により、外来患者にも接触が疑われる場合などは病院名を公表し、注意を呼び掛けるとしている。

 このほか弘前管内の新規1人は別の50代女性で、職場の感染者の濃厚接触者として陽性が分かった。この職場は弘前管内にあり、感染者は女性を含め4人となっている。

 三戸地方管内は同居する30代と20代の男性2人、青森市は20代男性で、それぞれ感染した同居人の濃厚接触者だった。

 八戸市によると、クラスターが発生した市内の民間会員制施設に関しては、利用者と職員ら現時点で把握している百数十人の検査が9日までに終了。新たな感染者はいなかった。

 複数の陽性者が確認され1日から休業している市内スポーツクラブ「セントラルフィットネスクラブ八戸」は9日、営業再開日を11日から15日に変更するとホームページで明らかにした。八戸保健所の担当者は同クラブについて「再開に当たっては効果的な予防措置を講じるよう、お願いすることになる」との考えを示した。