贈呈式に臨む(左から)木村所長、佐々木社長、長内部長

 青森県八戸市の総合建設コンサルタント会社「興和」(佐々木公雄社長)が平内町の県産業技術センター林業研究所(木村公樹所長)と共同で研究を進めてきたドローンを活用したレーザー計測などによる森林資源調査が、今年4月から事業化されることになった。大幅な労力の削減につながると期待される。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から