全国知事会のオンライン会議で発言する三村知事=6日午前、県庁

 三村申吾知事は6日、マイナンバーを活用して新型コロナウイルスのワクチン接種情報を一元管理する国の新システムについて、「マイナンバーとの連携で、市町村の業務負担増加を招く恐れがある」として懸念を示した。同日、オンラインで行われた全国知事会新型コロナ緊急対策本部で国に配慮を求めた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。