学校で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した際、青森県では「誹謗(ひぼう)中傷を招く恐れがある」などの理由から、学校名を公表していない。東北他県では、青森県と同じく原則非公表の方針を示す県がある一方、「保護者や市民の不安解消のため」などの理由で、校名の公表を選択する県や市もある。その結果、同じ県の中で、県立・市立・私立という設置者の違いによって、公表・非公表の判断が分かれるケースも出ている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。