青森山田中3年の水谷隼也(じゅんや)さん(15)=青森市浪岡=が、日本将棋連盟のプロ養成機関である関東奨励会に入会することが決まった。下部組織に当たる同連盟関東研修会での直近の成績が12勝4敗と昇級規定を満たし、奨励会入会の資格を得た。中村修九段門下でプロ棋士を目指す。
 水谷さんは小学5年の時に本格的に将棋を始め、2年ほどでアマ四段の実力に到達。2020年7月の「第45回中学生将棋名人戦」で優勝し、県勢初の全国中学生名人となった。18年7月から関東研修会に所属し、都内で毎月2回行われる例会で全国の若手と競い合ってきた。1月31日の例会で1勝を挙げ、規定の12勝4敗をクリアした。
 奨励会では6級からスタート。引き続き月2回ほど上京し、中村九段の指導を受けながらプロの資格を得る四段を目指す。
 水谷さんを指導してきた県将棋連盟の奈良岡実師範は「過去の例と比べるとスタートの年齢が遅く厳しい道のりだが、人の何倍もの努力を重ねてプロを目指してほしい」と激励。水谷さんは「まずは高校生のうちに段位を取るのが目標。強い人たちと戦うことになるが、自分の実力を信じて指していきたい」と抱負を語った。