「栃ノ海杯」少年・中学生相撲大会に姿を見せ、開会式であいさつする元横綱・栃ノ海の花田さん=2019年7月、田舎館村
1963(昭和38)年11月の九州場所、14勝1敗で2度目の優勝を飾り、賜杯を手にした大関・栃ノ海。翌64年の初場所も13勝2敗の好成績を収め、場所後に横綱昇進を決める

 青森県田舎館村出身で名誉村民の大相撲元横綱栃ノ海・花田茂広さん(82)の訃報に、村内では悲しみが広がり、関係者らは「小さな村から横綱が出たのが自慢だった」と郷土の宝の在りし日をしのんだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。