青森市都市計画審議会が25日開かれ、市景観計画の一部変更案を了承した。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産登録を目指す三内丸山遺跡と小牧野遺跡の周辺を、新たに設ける景観形成重点地区とする内容。市は3月にも計画を変更し、4月から施行する方針。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から