東北電力の樋口康二郎社長は27日、仙台市の本店で開いた定例会見で、青森県むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設を電力各社で共同利用する電気事業連合会の構想に対し、「将来的に当社原発の貯蔵プールが満杯になることも想定される。貯蔵方式の一つの選択肢となると考えている」とこれまでの見解を繰り返した。共用案の検討に当たっては「何よりも地域の理解が重要。しっかりと丁寧に説明をしていく必要がある」と述べた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から