冷凍真空パックのホタテ(左、中央)や刺し身パックのヒラメ

 青森県外ケ浜町平舘地区の水産物販売会社「日本魚類」は、素材の味や食感をそのまま残す特殊な冷凍技術を使って、魚や貝の切り身を1人前の量で冷凍した「刺し身パック」をネット通販などで売り出している。パックのまま手軽に解凍できることから、同社の木浪佑悦社長(33)は「今後はスーパーなどの店頭に並べて売れるようにしたい」と販路拡大を目指す。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。