動画で元気に声をそろえる市空手協会のメンバー
ウェナッチから届き、2020年1月に三沢市国際交流教育センターに展示されていた寄せ書き

 新型コロナウイルスの影響で海外との往来が難しくなっているが、青森県三沢市は姉妹都市の米国ワシントン州ウェナッチ市、東ウェナッチ市の市民と心を通わせ合う取り組みを続けている。昨年12月には米国の「ホリデーシーズン」に合わせ、ウェナッチ両市市民に向けたグリーティング動画を、三沢市姉妹都市委員会が市民などから募集。市国際交流教育センターのフェイスブックページに掲載した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から