2社協同企画第1弾として販売する「弘南鉄道×津軽鉄道応援切符」

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で利用者が著しく減少している弘南鉄道(本社・青森県平川市)と津軽鉄道(同・五所川原市)は今月、鉄道利用促進と地域活性化のため、「青森県民営鉄道利用促進協議会」(事務局・弘南鉄道)を設立し、第1弾の協同企画として2月1日から「弘南鉄道×津軽鉄道応援切符(往復)」のキャンペーンを開始する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。