青森県は26日、新たに10人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。八戸市4人、むつ市と弘前保健所管内が各2人、青森市、五所川原管内が各1人。このうち青森市は30代男性で、クラスター(感染者集団)が発生した市内高校の教職員。高校クラスターは25人(関連含め53人)に増えた。一方、感染経路が把握されているのは青森市のこの男性と弘前市1人の計2人だけで、ほか4保健所管内の8人は経路不明。現時点で県外移動歴なども確認されていない。

 県内の感染確認の累計は691人となった。

 八戸市は10代、同居する40代男女、60代女性の4人で全員が感染経路不明。むつ市の同居する20代男女、弘前管内の40代女性、五所川原管内の50代男性も感染経路が分かっていない。

 むつの2人は、市が同市在住と発表した。東北電力によると、1人は東通原発(東通村)に勤務する協力企業の従業員。濃厚接触者は数人とみられる。

 八戸市によると、40代2人は同居親族で無症状。県内10歳未満・10代の陽性者と接触があった。濃厚接触者等はそれぞれの職場関係者で合わせて数人。60代女性は24日に発症し、濃厚接触者等は親族ら数人。

 21日に陽性が確認された八戸市民病院の医師に関連する検査は、26日現在、患者と職員ら約120人まで終了し、新たな陽性者は出ていない。市はこのほか数人を検査している。

 青森市によると、新たに1人確認された高校クラスターの男性は、15日の検査では陰性だったが、健康観察中の18日に喉に違和感を覚える症状が出た。23日には発熱や悪寒などの症状もあり、再検査で25日に陽性と判明した。クラスターに含まれる複数の人と接触があったという。男性の濃厚接触者は同居人3人で現在検査を受けている。

 このほか弘前管内のもう1人は別の40代女性で、既に感染が確認されている50代男性の同居人。