青森県は25日、新たに五所川原、上十三保健所管内で各2人の計4人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。五所川原管内は10代と30代女性で、管内で発生した保育施設クラスター(感染者集団)の同居人ら。関連する感染者は計12人に増えた。県はまた、県内の医療機関に入院していた弘前管内、三戸地方管内のいずれも80代以上の男性2人が24、25日に亡くなったと明らかにした。2人とも死因は新型コロナ感染症。県内の感染確認の累計は681人、感染者の死亡は11人となった。

 県によると、弘前管内の男性は重症で24日に死亡。人工呼吸器を使用していた。三戸地方管内の男性は中等症で酸素投与が続いている状態だったが、25日に亡くなった。

 新規感染者のうち、上十三管内は同居する80代以上と70代の女性2人。いずれも感染経路不明で、県外移動歴も確認されていない。80代以上の女性が21日に発症し、23日に医療機関を受診。70代女性は症状がなかったが、接触者として24日にともに検査を受け、陽性と判明した。80代以上女性は中等症、70代女性は無症状で入院している。2人の濃厚接触者は知人や職場関係者ら合わせて数人。不特定多数と接する職場ではないという。

 五所川原管内の保育施設に関連する検査は25日現在、約80人まで終了し、陰性は約70人となった。新たに陽性となった人の接触者の検査を進めている。