天津市にある日本語学校との協定書に署名する光星学院の法官氏(左から2人目)=25日、八戸市の八戸学院大学
リモートで行った締結式で協定書に署名した法官氏(左)とフジ国際語学院の山中氏=21日

 青森県八戸市の学校法人光星学院(法官新一理事長)は今月、中国との文化教育に関する交流を進めるため、日本語学校の「フジ国際語学院」(東京都)と「天津市河西区行知学園日語培訓学校」(中国・天津市)とそれぞれ連携協定を締結した。同法人が運営する八戸学院大学や同短期大学部が取り組んでいる留学生受け入れ事業の拡大へつなげていく方針だ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から