ドラマの台本。時間とともに表紙はボロボロになってしまったがタイトルの「感染爆発」は残る
ドラマ撮影の舞台となった深浦町の森山海岸
ドラマの台本を手に複雑な表情を浮かべる山本さん(右)と恭子さん

 2008年1月、新型ウイルスの感染拡大をテーマにしたテレビドラマが全国に放送された。撮影は青森県深浦町岩崎地区の森山海岸で行われ、協力した地元の山本光治(みつはる)さん(61)方にはドラマの台本が今も残っている。コロナ禍の中、山本さんは台本を手に「まさか感染拡大が現実になるとは…」と複雑な表情を浮かべる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。