本年度、国特別史跡・三内丸山遺跡(青森市)を修学旅行で訪れた学校・児童生徒が122校7463人となり、前年度に比べ15校210人増えた。県内の遠方から訪れる学校が増加したといい、新型コロナウイルスの影響で北海道からの受け入れが減少した分をカバーした。同遺跡のガイドをしている三内丸山応援隊が昨年12月末時点でまとめた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から