八戸総合卸センターを会場に始まった「冬の朝市」=24日午前8時20分ごろ

 青森県八戸市の湊日曜朝市会(慶長春樹理事長)は24日、同市の八戸総合卸センターを会場にした初めての「冬の朝市」をスタートさせた。同会が年末まで開いてきた館鼻岸壁朝市が新型コロナウイルスの影響を受けて売り上げが落ち込んだことに対応し、出店者の売り上げを確保しつつ、新たな冬の観光に育てたいというのが目的。2月末まで毎週日曜日に開いていく。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。