青森県は22日、八戸市と五所川原保健所管内で新たに2人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。八戸市で感染が判明したのは九州在住の60代男性。北海道滞在中に息苦しいなどの症状があり、21日に八戸市に移動後、救急搬送され陽性と判明した。意識障害があり、重症で人工呼吸器を使用している。五所川原管内は20代女性で、管内の保育施設クラスター(感染者集団)に含まれる職員。クラスターは6人(関連含め8人)となった。

 県内の感染確認の累計は668人。

 県によると、保育施設のクラスター関係の検査は22日現在、約60人まで終了したが、検査対象者はまだ増える見込み。二次感染リスクのある接触者について調査中で、現時点では全体像が見えていないという。

 八戸市によると、重症の男性は、北海道から九州まで全国に移動歴がある。同市を訪れる前日の20日、北海道で発症したが、その前は関東にも滞在していた。仕事は不特定多数の人と接触する業務ではなく、濃厚接触者は県外の職場関係者数人。県は県外関連の感染に分類している。

 また、21日に陽性が確認された八戸市民病院の30代男性医師に関連する検査対象者は現時点で約110人(外来患者約60人、入院患者約20人、職員約30人)。22日は外来患者10人程度の検体を採取するなど、順次検査を進めている。