青森県弘前市は20日、成人式の3月への延期で生じたレンタル衣装のキャンセル料などを、1人3万円を上限に助成すると発表した。必要経費1725万円を盛り込んだ2020年度一般会計補正予算を同日付で専決処分した。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、市は成人式を1月10日から3月21日に延期した。助成対象となるのはレンタル衣装、美容、着付け、写真撮影などに関するキャンセル料や、返金されなかったレンタル料、3月までのレンタル期間延長料金。遅くとも2月1日までに申請受け付けを開始する。

 除排雪経費の追加を含め、補正後の20年度一般会計予算の総額は1012億1405万円となる。