青森県は19日、新たに12人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。青森市5人、五所川原保健所管内4人、弘前管内2人、三戸地方管内1人。青森市5人は10代1人と30~40代男女4人で、いずれも同市の高校を活動場所とした地域スポーツクラブのクラスター(感染者集団)に関連する。同クラブのクラスター関連は計11人に増え、これを含む高校クラスター関連は計49人となった。県内の感染確認の累計は656人。

 県によると、地域クラブを含む高校クラスター関連の検査は19日までに300人余りが終了したが、まだ結果が出ていない検査対象者が約100人いる。青森市によると、このうち約70人はクラブのクラスターの接触者で、検査結果は20日以降判明する。

 地域クラブ関連の青森市の新規5人は全員、クラスターとなったクラブ会員の同居人や知人ら。いずれも濃厚接触者として検査を受け、18日に感染が確認された。クラブの活動には参加していなかったという。

 五所川原管内の4人は10歳未満2人と10代1人、20代女性で、いずれも既に感染が確認されている人の濃厚接触者として陽性が判明した。青森市の高校、地域スポーツクラブ、五所川原管内の葬祭などのクラスターとの関連性は確認されていない。

 10歳未満と10代の計3人の接点や、新たなクラスターの懸念の有無について県健康福祉部の奈須下淳次長は「現時点で分からない」としている。

 新規感染者12人のうち、経路不明は三戸地方管内の70代女性と弘前管内の50代男性の2人。男性は今月上旬に複数回、東北他県に滞在歴があるが、感染との関連性までは確認できないという。

 弘前管内のほか1人は80代以上女性で、16日に感染が確認された20代男性、50代女性の同居人。先に感染が分かった2人は、関東から青森県を訪れた後に陽性と判明した人の接触者で、県は80代以上女性も県外由来の感染とみている。

 県によると、19日は入院中41人のうち、重症者が1人増え3人となった。新たに重症となったのは中等症だった50代女性で、人工呼吸器を使用している。