弘南鉄道大鰐線の列車内で大鰐温泉もやしを販売する組合の相馬副理事長(左)ら

 青森県大鰐町の「プロジェクトおおわに事業協同組合」は18日、弘南鉄道大鰐線(中央弘前-大鰐)の列車内で同町の名物野菜「大鰐温泉もやし」の販売を始めた。3月30日までの毎週月、火曜日に大鰐午前10時半発、折り返しの中央弘前同11時半発の普通列車で、同組合の従業員が約30束を手売りする。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。