イトーヨーカ堂は16日、イトーヨーカドー青森店内の旅行代理店「JTB」の従業員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。従業員は15日に感染が確認された。

 従業員の最終勤務日は昨年12月30日。ヨーカドー青森店によると、接客業務に当たっていたが、マスクを着けパーティションを挟んで接客していたという。

 30日時点で症状はなかったが、感染者の濃厚接触者に認定され、1月2日にPCR検査を受け陰性だった。経過観察中に症状があったため13日に再度検査を受け、陽性が確認された。

 ヨーカドー青森店はJTB店舗内やトイレなど、従業員が利用した可能性のある場所を消毒・清掃し、通常通り営業している。