青森県は16日、新たに13人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。青森市6人、弘前保健所管内4人、八戸市、上十三管内、五所川原管内が各1人。このうち青森市の5人(10代4人と30代男性)は、地域の同じスポーツクラブに所属し、県と市はこの地域クラブでクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。濃厚接触者は調査中。県内の感染確認の累計は635人となった。

 この地域クラブは、14日にクラスターと判明した青森市内の高校を活動場所とし、うち感染した30代男性は同校の部活動にも関係していることから、県と市は学校クラスターの関連とみている。青森市のもう1人の40代男性と五所川原管内の40代女性も学校クラスターに関連する感染者。学校クラスター関連は、地域クラブの5人を含む新規7人を加え、計41人となった。

 学校の枠組みを超えた地域クラブに感染が波及した形だが、県や青森市は、このクラブの名簿を把握し関係者が特定できるとして、クラブの名称や競技の種別などを非公表としている。クラブの10代の感染者4人が同じ学校か、複数の学校かも明らかにしていない。

 弘前管内の4人は20~60代男女で、いずれも既に感染が確認されている人の同居人や知人ら。このうち同居の20代男性と50代女性は、関東で後に陽性と判明した人と県内で接触があった。県は県外由来の感染とみている。

 16日発表の新規感染者13人のうち、経路不明は八戸市の80代以上女性と上十三管内の30代女性の2人。

 八戸市によると、女性は介護サービスは利用していない。15日に発熱の症状があり、市内の医療機関を受診して陽性と判明した。濃厚接触者は同居人ら数人。

 市はこのほか、12日に陽性が判明した70代男性に関して、男性が利用していた市内の通所型介護施設関係者の検査が16日までに終了し、職員と利用者の計約90人は全員陰性だったと明らかにした。