リモートで行われた記者会見に臨んだ電事連の池辺会長

 青森県むつ市に立地するリサイクル燃料貯蔵(RFS)の使用済み核燃料中間貯蔵施設の電力各社による共同利用構想について、電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は15日の定例記者会見で、むつ市の宮下宗一郎市長が12月に示した共同利用に伴う懸念に回答する機会を改めて持ちたいとの考えを示した。日程は未定とした。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から